【めまい・耳鳴りプログラム】

目の前がぐるぐる回ったり、ふらふらするめまい…

仕事中や寝る時などに聞こえる耳鳴り…

こうした症状は集中力を低下させたり、疲れを取りづらくさせたり、身体に悪影響を及ぼします。

しかし、めまいや耳鳴りは外から症状が分かりにくいため、周りの人に理解してもらえません。それがまたストレスになり、他の部位を痛める原因にもなってしまいます。

めまい・耳鳴りになるのは、様々な原因があり、個人によって違い、治療法も変わってきます。

【めまいの仕組み・原因】
めまいとは、自分や周囲が本当は動いていないのに、動いているように感じることです。
ぐるぐる回 ったり、ふらふらしたり感じ方は様々です。
私たちは、目や耳、全身の関節・筋肉からの情報を、脳 で調整することで身体の平衡(バランス)を保っています。

しかし、目や耳からの情報が伝わらな い、脳が情報を整理・統合できないなど、このバランスを保つ仕組みが障害されるとめまいが起こります。

【めまいの種類】
1.耳が原因→ぐるぐる回る
2.過労やストレスによる心身の不調→ふわふわする3.低血圧→立ちくらみ、クラッとする大きく分けてこの3種類になります。

原因となる一例

●耳の機能

●脳の機能

●薬の影響

●過労・睡眠不足

●自律神経

●ストレス

●更年期障害

●高血圧・一時的な低血圧(立ちくらみ) etc.

上記のように原因は多岐に別れます。
そして病院の検査では異常ない方も多いのが特徴です。

【耳鳴りの仕組み・原因】

耳鳴りとは、音がしていないのに耳の中で不快な音が聞こえる現象のことです。

聞こえる音はさまざまで、「キーン」という高い音、「ザ―」「ゴー」という低い音、両者が混ざったものもあります。

原因は基本的に内耳であるといわれています。
※まれに聴神経の場合があります。

内耳の中にある有毛細胞の機能が弱り、機能が損なわれた場合、電気信号が脳に送られて、耳鳴りが発生しまが、悪化させる要因は他にあります。

外耳に耳垢が溜まっていたり、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎による中耳の障害も原因です。

また脳も関係しています。
音は、空気の振動です。これは、外耳から鼓膜、中耳を通って、内耳に伝わります。

ここで、有毛細胞によって電気信号に変換され、聴神経を介して脳の【皮質下】まできます。皮質下では音の選別をして大脳皮質にある聴覚野に伝えています。

この皮質下の機能を上げることは耳鳴りの治療にとって、とても重要な事項です。皮質下と密接な関係があるのが、【視床】【大脳辺縁系】と【自律神経】【末梢血流】です。

【メディカルジャパンにしか出来ないことがあります】

弊社では、高精度自律神経診断・末梢血流診断を行っております。

大きな医療機関でも使用しているエビデンスのある器機で、それらの結果に合わせて治療をすすめていきます。

〔不定愁訴〕と呼ばれ様々な原因が少しずつ、重なり合い発症する、めまい、耳鳴りに対しては、明確な治療エビデンスはありません。

だからこそ皆さんが今置かれている、心身環境を全て深く掘り下げて、一つひとつのストレスを取り除くことが大切であり、メディカルジャパンでは、医療機関などでも導入しているICF分類を使用して、現在の皆さんを分析していきます。

上記の結果、1番負担がかかるのは、やはり脳です。とくに、大脳辺縁系は情動、即ち喜怒哀楽や快・不快を感じる、最も原始的な脳の部分です。
自律神経は様々な臓器や筋肉のコントロールをおこなっています。ストレスが多くなると、大脳辺縁系の動きが活発になり、自律神経は交感神経が優位になり、身体が興奮状態になります。
また、視床下部と言うところからは、全身をコントロールするホルモンが、末梢血流により作用を正常に保ちます。この2つの状態を整えていくことが、めまい・耳鳴り改善の一番の近道であります。

メディカルジャパンは、高精度自律神経診断機、末梢血流診断機のほか、バイタルモニターや体内酸素飽和度測定など、他にはない確かな情報を元に、鍼灸、マッサージ、ヨガ、食事指導など、様々ありますが、そのかたに合ったものを提案致します。

めまいや耳鳴りはしっかり定期的に刺激を与えていけば、必ず改善されます。 症状を改善し、ストレスのない素敵な生活を 送りましょう!
まずはお話をお聞かせください。