逆子の原因はNO.1は冷え性

逆子の原因はNO.1は冷え性
逆子の原因は、冷え症や緊張感からお腹の張りが強い、子宮の奇形・子宮筋腫・卵巣嚢腫・前置胎盤・低置胎盤・羊水量の問題・臍帯が赤ちゃんに巻いているなど様々です。その中でも冷え症は最も大きなウエイトを締める原因となっています。

冷えは下に溜まります。赤ちゃんの頭もまた下にあります。赤ちゃんは冷えを居心地が悪いものと判断し比較的暖かい場所を求めて逆さまになってしまいます。

お灸・指圧・体操療法で逆子が改善します

逆子対策として、三陰交(内くるぶしの上)、至陰(足の小指)にお灸をします。
お灸はその方の体質に合わせて、火傷にならない電気温灸器から煙の出る本格的なお灸まで用意しております。
また長年の経験からの特効穴への指圧が効果絶大です。
赤ちゃんがものすごくよく動くのがわかります。
早い方では一回で逆子が治った方が多数いらっしゃいます。

またピラティス等の体操療法にて、骨盤の歪みも整えることで、赤ちゃんの居心地良い環境づくり、再発を予防できます。
当センターで独自に開発した「万歳体操」(特許出願中)は骨盤環境を整えるのに最適です。
妊娠32週を過ぎた方でも十分に逆子改善が見られますのでお気軽にご相談ください。

至陰(足の小指)にお灸をします
至陰(足の小指)にお灸をします
体操で骨盤環境を整えます
体操で骨盤環境を整えます
症例

32歳 立川市在住 女性
妊娠30週にて逆子になってしまわれ当センターに来院。

全身のバランス調整
足のお灸(三陰交)
足の指圧(特効穴)

その後逆子予防と妊婦ケアにて継続通院し、逆子再発もなく無事に元気な男の子を出産

※逆子はその原因から、再発することがよくありますので、当センターでは継続ケアをおすすめしております。

たちかわ総合治療センター

完全予約制 ( 当日予約可 ) 042-519-3822 営業時間 : 8:00~22:00 (年中無休)

メール予約