•  > 
  • その他

アレルギー疾患

<背景・疫学>
アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こること。
リウマチ・アレルギー対策委員会報告書によると、平成17年には国民の3人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していると言われていたが、同会の平成23年報告書では2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患しているとし、急速に増加していることが伺える。

<原因>

アレルギーはその反応機序によってⅠ〜Ⅴ型に分類できる。

Ⅰ型アレルギー
・即時型、アナフィラキシー型
・抗体・・・IgE抗体
・抗原・・・ハウスダスト、ダニ、花粉、しんきんなど
・代表疾患・・・アレルギー性鼻炎、アナフィラキシーショック、気管支喘息など

Ⅱ型アレルギー
・細胞障害型
・抗体・・・IgG,IgM
・抗原・・・自己抗原(細胞膜、基底膜)
・代表疾患・・・不適合輸血による溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、グッドパスチャー症候群

Ⅲ型アレルギー
・免疫複合体型
・抗体・・・IgG,IgM
・抗原・・・自己抗原、細菌などの外来性抗原
・代表疾患・・・血清病、S L E、リウマチ、急性糸球体腎炎

Ⅳ型アレルギー
・細胞障害型
・抗体・・・感作T細胞
・抗原・・・外来性抗原、自己抗原
・代表疾患・・・接触性皮膚炎、G V H

Ⅴ型アレルギー
・刺激型
・抗体・・・抗受容体抗体
・抗原・・・自己抗原
・代表疾患・・・バセドウ病、重症筋無力症

<一般的治療法>
原因となるアレルゲンの除去、花粉症などで用いられることが多い減感作療法、薬物療法としては、コントローラーと言われる予防維持薬、レリーバーと言われる対症救急薬がある。花粉症などで抗ヒスタミン系薬剤が用いられる。

蕁麻疹

<背景・疫学>
突然皮膚の一部が赤く盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡形もなく消えてしまう。かゆみを伴い、チクチクとしたかゆみに似た感覚や焼けるような感覚がある場合も。数十分から数時間で症状が治まることがほとんどだが、半日から1日続くことや次々に新しい膨疹が現れて常に発疹が出ていることもある。大きさは1~2㎜から数十㎝のもの、それぞれが融合して体表をほとんど覆ってしまうケースもある。最初の症状が出始めてから1ヵ月以内のものを「急性じんましん」、それ以上続くものを「慢性じんましん」という。

<原因>
大きく分けて「アレルギー性」と「非アレルギー性」がある。

・アレルギー性

食べ物や薬剤などに含まれているアレルゲンとなる物質を摂取すると数分あるいは数時間後に強いかゆみを伴った発疹が現れる。特定の食品を食べるとじんましんが出るのはアレルギー性じんましんの特徴の一つ。一方で、青魚、肉類、タケノコ、ほうれん草などの肉類、野菜類などで起こるじんましんはアレルギー性の場合もあるが、食品に含まれるヒスタミンやそれを遊離しやすい成分が含まれていることによって起こるが、毎回その食品を摂取するとじんましんが現れるのではなく、その日の体調などによって症状が出ないこともある。

・非アレルギー性
物理的な刺激で起こるじんましんであり、皮膚を引っかいた痕に沿って皮疹が出る機械性じんましんや冷水・温水など急激な皮膚上の温度変化によって現れる寒冷じんましん、日光じんましんやラテックスなどの接触性じんましんがある。数週間繰り返し毎日じんましんが現れる場合は、食物などが原因となっている可能性は低い。

<一般的治療法>
できるだけ原因を探し、それを取り除いて、なるべく避けるようにするとともに、抗ヒスタミン薬または抗アレルギー薬を用いる。内服薬または注射薬として用いた場合に効果が期待できるが、副作用として人によって眠気が生じやすい。
乗り物酔い

<背景・疫学>
別名「動揺病」。
車酔いや船酔い、遊園地の仕掛けなどの受け身の運動、シネラマ酔いやシュミレーター酔いなど大画面の移動、宇宙酔いやパラボラ・フライトなど重力の変化などいろいろな状況で起こる。
動物全般の一種の警報装置のようなもので、病気ではない。
科学の進歩によって、自動車、列車、飛行機、エレベーター、エスカレーターなど様々な新しい乗り物が発明されるたびに、新たな乗り物酔いの原因が増えている。

<原因>

乗り物の揺れによって、内耳の平衡器官が過剰に刺激され、加えて、目から入ってくるまわりの景色と自分のいる場所との関係に混乱が起きてしまう状態。
外からしきられた空間でおこりやすく、これは実際は乗り物は移動しているのに、脳の方は静止していると錯覚し、内耳が感じていることと、脳が感じていることにギャップが生じてしまうためです。
睡眠不足、空腹(低血糖)、疲労、深酒、感冒、混雑した車内(酸素不足)など、脳の疲労が起きやすい場合に生じやすい。
また、一度乗り物酔いを感じた後では、同じような状況になった場合に再発をしやすい。

<一般的治療法>
可能であれば乗り物酔いを起こした環境から離れ、スペースに問題がなければ横になって急速を取る。体調が悪い場合にはより起こりやすいので、普段からの体調管理が重要になる。

湿疹

<原因・背景>
体の表面に起こる炎症の総称。皮膚炎。
湿疹の多くは外からの刺激に反応して起こる「接触皮膚炎」だが、原因がはっきりしない湿疹もある。
接触性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の場合、近年特に増加傾向にある。

<原因>
外的要因と内的要因が複雑に絡み合って起こることが多く、原因を一つに絞ることが難しい。

外的要因
・薬剤、化学物質、物理的刺激、ハウスダストなど

内的要因
・体質、皮膚乾燥状態、汗や皮脂の分泌異常

また、発症から間もないものを急性湿疹と言い、長期化し皮膚が硬くなったものを慢性湿疹という。

<一般的治療法>
副腎皮質ステロイド軟膏の外用が基本的な治療となる。湿潤、細菌感染が加わっているものに対しては、抗生物質を含むステロイド軟膏が処方される。自己判断で外用薬の使用は症状悪化の可能性があるので、注意する必要がある。 
広範囲のもの、かゆみが強いものでは、抗ヒスタミン薬の処方がなされる。夜間かゆみが強くなるときは、就寝30分前に抗ヒスタミン薬、あるいはときに自律神経安定薬や睡眠導入薬の処方がされる。

花粉症

<背景・疫学>

スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が、鼻の粘膜や目の結膜を刺激することによってアレルギー反応が起こり、鼻水や涙が止まらなくなる疾患。基本的には、原因となる花粉が飛ぶ時期にだけ症状が現れるが、中には複数の抗原(アレルギーの原因となる物質)に対するアレルギーを持っており、1年中症状に悩む人もいる。現在、日本には抗原となる花粉が約50種類あるといわれている。花粉症には鼻水とくしゃみがひどいタイプ、鼻詰まりがひどいタイプ、それら両方の症状がひどいタイプがあり、症状によって治療法が異なる。近年、花粉症患者が増加しているのは、スギ花粉の飛散量増加によるものだと考えられている。

<原因>
花粉症は、スギなどの花粉が鼻や目の結膜を刺激することによって起こるアレルギー疾患の一つであり、特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、涙が止まらないなどの症状で多くの人を悩ませている。日本では花粉症の患者が近年増加傾向であるが、その原因はスギ花粉の飛散量増加であるといわれている。スギは植林後40年ほどたつと成木になり、花粉を飛散し始めるが、植林されたスギの大半が樹齢40~60年となっており、活発に花粉を飛散させる時期を迎えているからである。また、日本ではスギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物の花粉が花粉症を引き起こすといわれており、複数の抗原にアレルギーを持っている人の中には1年中症状に悩む人も少なくない。

<一般的治療法>

症状の傾向によって使う治療薬が異なる。くしゃみと鼻水がひどい症状の場合には抗ヒスタミン薬、鼻詰まりがひどい症状の場合にはロイコトリエン拮抗薬、いずれもひどい場合にはステロイド剤などを主に使用する。ただし、これらはすべて対症療法である。根本的な治療としては、抗原から抽出したエキスを体内に取り入れて、体を徐々に抗原に慣れさせていく減感作療法があり、皮下注射、および舌の下に薬剤を置いて吸収させる舌下免疫療法がある。また、花粉が飛び始める2週間程度前から薬による治療を始める「初期療法」によって、症状が出るのを遅らせたり、症状を軽くしたりできる可能性がある。

側湾症

<背景・疫学>

側弯症とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがある。通常、小児期にみられる脊柱変形を指す。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭の変形、肋骨や腰部の隆起などの変形を生じる。
日本での発生頻度は1~2%程度で、女子に多くみられる。

<原因>
原因不明である特発性側湾症は全体の80-85%を占めている。
発症時期により、さらに細分されるが思春期の女子に多い。
その他に、先天性側弯、神経原性側弯、筋原性側弯などがある。

<一般的治療法>

レントゲンからコブ角を測り軽度から高度の三段階に分類し、軽度では定期的なレントゲンで経過観察を行う。
25度以上と診断されると、ボストンブレースやミルウォーキーブレースと言った専用装具による維持療法が行われることが多い。
50度を超えると外科手術による矯正術が行われる。

円形脱毛症

<背景・疫学>
毛髪が抜ける病気。年齢は幼児から高齢者まで、症状は軽症から重症まで、広い幅がある。円形に1ヶ所抜けた場合は単発性通常型、脱毛斑が複数できると多発性通常型、頭部全体に及ぶと全頭型、眉毛・睫毛・体毛まで抜けると全身型または汎発型になる。また、側頭から後頭部の生え際が帯状に脱毛する蛇行型もある。数週間で自然に治る方がいる一方、治療しても効果がなく生涯にわたり脱毛が続く場合もある。幼少期から始まった方、アトピー性疾患を合併している方、蛇行型・全頭型・全身型は難治とされる。
円形脱毛症の年齢分布は、30歳以下で発症する割合が81.8%、特に15歳以下の発症が全体の4分の1を占めているなど若い世代に多いのが特徴。また成長期だけではなく生まれたばかりの幼児でも発症が見られる。
男女比では、やや女性が多い傾向にあり、生理や出産などにより悪化または治癒する事がある。

<原因>
ストレス・神経障害・内分泌異常など様々な説が唱えられているが、最近は自己免疫が原因である説が有力とされる。脱毛部を顕微鏡で調べると、血管から皮膚に集まったリンパ球が成長期の毛根を攻撃しているようなことがみられる。リンパ球に攻撃された毛は萎縮して成長が止まり、抜けていってしまう。

免疫とは、細菌やウイルスなどの外敵を認識して排除する生体の防御システム。生物は自分の体(自己)とそうでないもの(非自己)を見分ける仕組みを持っているが、何らかの理由でこの自己・非自己の認識が乱れると、自分のリンパ球が本来ならば攻撃の対象となってはいけない自分自身の成分を攻撃するようになる。このように自分で自分を攻撃することが原因となる病気を、自己免疫性疾患と言う。

攻撃される対象が毛根の場合には脱毛症になるが、ほかにも多くの自己免疫性疾患があります。皮膚のメラニン細胞が攻撃されると、色が抜けて白斑に。天疱瘡では表皮が攻撃され、全身に水ぶくれができる。皮膚以外にも甲状腺の病気・血液の病気・神経の病気・関節リウマチなどの膠原病も自己免疫性疾患の一つである。

<一般的治療法>
脱毛斑が数個までの通常型円形脱毛症は数カ月で自然に治ることも多いが、育毛剤やステロイド剤を塗って、回復を早める治療が行われる。時に、通常型脱毛症でも長いこと発毛しない、発毛しても再び脱毛する方もいる。
近年では、SADBE 又は DPCP という化学物質を塗って人工的に接触皮膚炎を起こさせる治療法(局所免疫療法)が試みられるようになり、優れた効果があることがわかってきている。

ストレス性疾患(心身症)

<背景・疫学>

心身症とは、ストレスなど心理的な要因で体に症状が現れる疾患の総称。
ストレスへの反応の仕方は人により異なるため、心身症の疾患はさまざまな形をとって現れる。

発症や経過に心理的な要因が関わっているため、症状のみを治療しても再発したり、別の部位に新たな症状が現れたりすることがある。初期段階では疾患の原因がストレスだということに気づかず、治療を受けても症状が改善しないことから心身症と判明することもある。
日本心身医学会では心身症を以下のように定義している。
「心身症とは身体疾患の中で,その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し,器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし,神経症やうつ病など,他の精神障害に伴う身体症状は除外する。」

<原因>
心身症の原因は、ストレスであると考えられている。
外部からの心身への刺激を「ストレッサー」といい、ストレッサーに適応するための心身に生じる反応を「ストレス反応」と呼ぶ。
ストレッサーを脳の視床下部が感知すると、自律神経系・内分泌系・免疫系の3つのシステムに指令を出して適応することで、体の状態を一定に保とうとする「ホメオスタシス(恒常性)」という機能が働く。
しかし、ストレッサーが体の適応可能な範囲を超えた強いものであったり、長期間持続するような場合は自律神経系や内分泌系、免疫系がホメオスタシスを保てなくなり、心身症を引き起こすことがある。

また、原因となるストレスの種類により次の2種類に分かれる。

現実心身症
大地震など、大多数の人が強いストレスを感じる状況が原因となって起こる心身症。多くの場合、十分な休養や、ストレスとなった状況が解消されることで症状が改善する。

性格心身症
あまり重大ではない状況を過剰に重大なこととして捉えたり、ストレスへの対処が適切でなかったために起こる心身症。症状の改善には身体症状の治療のほか、思考や行動のパターンなど心理的な要素も変えていく必要がある。

心身症の疾患は以下のような形で体に出ることがある。

呼吸器系・・・気管支喘息、過換気症候群、神経性咳嗽
循環器系・・・本態性高血圧症、起立性低血圧症、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)など
消化器系・・・胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群など
内分泌系・・・神経性食欲不振症、(神経性)過食症、甲状腺機能亢進症など
筋、神経系・・・筋収縮性頭痛、片頭痛、慢性疼痛など
小児科系・・・気管支喘息、過換気症候群、憤怒けいれんなど
婦人科系・・・更年期障害、機能性子宮出血、月経前症候群など
耳鼻咽喉系・・・耳鳴り、めまい症(メニエール症候群、動揺病)、心因性難聴など

<一般的治療法>
薬物療法や手術などの内科・外科的治療により、体に現れている症状の改善をはかる。不眠や不安などの症状がある場合は、睡眠薬や抗不安薬、抗うつ薬などの向精神薬が使われることがある。心の問題に対しては、心理療法も有効であると考えられている。

慢性疲労

<背景・疫学>
慢性疲労とは、「6ヵ月以上疲労が続き、一晩寝ても疲れがとれない」状態を指す。15年前に厚生省(現厚生労働省)が行った調査では、日本人の3人に1人が慢性疲労を訴えていると報告されている。IT化が進みストレスが増したと言われる現代では、さらに慢性疲労を訴える人の割合は高くなっていることが推測される。
 慢性疲労になると、作業量や活動量の低下という日常生活への影響ばかりでなく、思考力、注意力の低下から思わぬ事故を招く原因にもなる。さらにそのまま放置しておけば、うつ病などの心の病気や生活習慣病など、さまざまな疾患を誘発することにつながる。

<原因>
慢性疲労症候群は、その原因が明らかになっていない病気である。しかし、様々な研究の結果、病気の起こる仕組みが少しずつ明らかになってきた。
身体は、神経系、ホルモン系、免疫系の3つがバランスを保って働いている。ところが、ストレスをきっかけにして、神経系の働きに異常が生じ、免疫の働きが低下すると、体内に潜伏していたウイルスが再活性化される。そして、再活性化したウイルスを抑え込むために、体内では、免疫物質が過剰に作られるようになる。この過剰に作られた免疫物質が、脳の働きに影響を及ぼし、強い疲労感や様々な症状を起こすという説が現在有力とされる。
また、慢性疲労症候群の患者には、ある特定の遺伝子に関する異常が認められていることも報告されている。

<一般的治療法>
慢性疲労症候群の治療は、薬物療法が中心に行なわれる。
そのなかでも、主になるのは「捕中益気湯」などの漢方薬を用いて、身体の免疫力を高める治療。そして、体内の活性酸素による細胞の障害を防ぐため、抗酸化作用をもつビタミンCを大量に服用する。  
 他にも抗ウイルス薬や免疫調整剤が使われることがあり、これらの投与によって免疫系の回復を目指す。また、抗うつ剤、精神安定剤などが使われる場合がある。
 また、内科的な治療による効果がみられない場合、ストレスに対処するための方法を患者と医者が話し合いながら見出していくための、カウンセリングによる治療も行なわれる。

生活習慣病(成人病)

<背景・原因>

食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの生活習慣が深く関与し、発症の原因となる疾患の総称。
以前は「成人病」と呼ばれていたが、成人であっても生活習慣の改善により予防可能で、成人でなくても発症可能性があることから、1996年に当時の厚生省が「生活習慣病」と改称することを提唱した。

日本人の三大死因であるがん・脳血管疾患・心疾患、更に脳血管疾患や心疾患の危険因子となる動脈硬化症・糖尿病・高血圧症・脂質異常症などはいずれも生活習慣病であるとされている。
2017年(平成29年)の死因割合において、悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患の3大死因で51.4%を占めている。生活習慣病はこれらの危険因子であるが、2002年(平成14年)の調査では、人口のほぼ半分に相当する47%が、高血圧・脂質異常症・糖尿病、この3つのいずれかに該当するとされる。

<原因>
不適切な食生活、運動不足、ストレス過剰、喫煙、過度の飲酒などの不健康な生活習慣など。これらが原因で様々な疾患が起こるとされるが、中でも喫煙は日本人の死因のほとんどのリスクファクターとされるほど、生活習慣病との関連が強いとされる。

<一般的治療法>
生活習慣病の予防は、運動習慣や食生活、疲労、喫煙、飲酒など毎日の生活習慣を見直すことから始まる。ポイントとして、以下のようなものが指摘される。

・適正体重の維持
BMIとは体重と身長の関係から算出した、人の肥満度を表す指数。日本肥満学会によるとBMIが22の場合が標準体重。
   
・脂肪摂取の制限
脂肪は体のエネルギー源として、体内に備蓄される大切な栄養素。しかし、脂肪の摂りすぎは肥満の原因になり、体に悪影響を及ぼすことがある。

・野菜の摂取量の増加
野菜に含まれる食物繊維は、満腹感を与えるので食べ過ぎを防ぐ。野菜を1日に350g以上摂取することが求められる。

・1日3食、規則正しく食べる
食事の回数を減らしたり、間隔があきすぎると、エネルギーをためこもうとして太りやすい体になる。なるべく決まった時間に、決まった量を取ることで代謝の低下を防ぐことができる。

このほかに 
・運動習慣をつける
・睡眠をとる 
・禁煙する
・飲酒量を守る
・規則正しい生活リズム
などで生活習慣病の予防ができる。

たちかわ総合治療センター

メール予約

info@tatikawa-treatment.com

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

営業時間 : 9:00~14:30/
15:30~21:00 (年中無休)

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階
駅からのアクセスについて詳細