•  > 
  • 循環器系

循環器系/高血圧

<背景・疫学>
血圧が繰り返し正常よりも高い状態。最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHgである場合に診断される。
種類として、本態性高血圧症、二次性高血圧症に分類される。
本態性高血圧症
原因がわからないものをいい、高血圧症の90%がこれにあたる。遺伝的な因子、生活習慣などの環境因子が関与しており、生活習慣病の一つに挙げられている。
二次性高血圧症
体の中に血圧上昇の原因となるはっきりとした原因がある場合にはこれにあたる。腎動脈狭窄症、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫などのように外科手術により高血圧の治療が期待できるものも含まれる。

<原因>
本態性高血圧症について
生活習慣病の一つに数えられるため、以下のような習慣が原因で発症することが多い。
・過剰な塩分摂取
・肥満
・過剰飲酒
・自律神経の調節異常
・運動不足
・野菜や果物(ミネラルやビタミン不足)
・喫煙


<一般的治療法>
原因となるような生活習慣の改善が指導され、血圧が基準値よりも大幅に高い場合には降圧剤などの処方がされる。また、病院などの医療機関では血圧が下がるが、家庭では血圧が上がる仮面高血圧などもあるため、血圧をこまめに測定することが求められる。

低血圧

<背景・疫学>

高血圧よりも重要視されず、治療の必要はないとされるが、WHOでは最高血圧(収縮期血圧)100mmHg以下、最低血圧(拡張期血圧)60mmHg以下を低血圧としています。
低血圧が疾患として問題になるのは、血圧の低下により各臓器へ送られる血液量が減少し、種々の自覚症状や臓器の機能障害が出た場合になる。
高血圧と同じく、本態性低血圧症と二次性低血圧症に分類される。
本態性低血圧症は、低血圧症の90%を占め、特別な原因疾患を伴わずに血圧が慢性的に低い状態をさす。体質的な場合が多く、本人が症状に悩まされていない場合には病気とは呼ばない。
二次性低血圧は、怪我による大量出血や心臓病、胃腸疾患による栄養不良、内分泌異常、ガン末期などで起こることがある。
この他、急に立ち上がったときや体を動かしたときに立ちくらみなどの症状を起こす、起立性低血圧や食後に限り血圧が低下する食後低血圧などがある。

<原因>
本態性低血圧症の場合には原因がよくわかっていないが、しばしば両親ともに低血圧であったり、ヤセ型・無力体質者に多い。ストレスや不規則な日常生活、食生活により起こると考えられている。
血圧は自律神経によりコントロールされるため、自律神経失調などの場合でも低血圧となることがある。

<一般的治療法>
二次性の場合、原因疾患の治療を行う。本態性の場合、特に治療が行われることはないが、生活習慣の見直し、ストレス環境の改善などの指導が行われる。

動脈硬化

<背景・疫学>
動脈硬化とは、血管が固くなり、柔軟性がなくなっている状態。
動脈硬化にはアテローム性動脈硬化、細動脈硬化、中膜石灰化硬化の3つのタイプがあるが、一般に動脈硬化とはアテローム性動脈硬化を指すことが多い。

<原因>

アテローム性動脈硬化
脂質異常症や高血圧症、喫煙、運動不足などの危険因子により生じると考えられている。動脈の内側に粥状(アテローム性)の隆起が発生する病態。プラークは長い時間をかけて成長し血液を流れにくくしてしまったり、血栓や塞栓を起こし、重要臓器などへの血液供給に障害を出すこともある。LDLコレステロールの血中濃度が高い場合や糖尿病患者、
高血圧患者、喫煙者では動脈硬化が進行しやすいことが挙げられている。

細動脈硬化
血管壁の老化などに伴い、動脈血管の弾力性がなくなって硬くなる症状。弾力がないため、血圧が高くなると血管が破裂しやすく、脳卒中などのリスクが高い危険な病気。

中膜硬化
動脈の中膜にカルシウムが蓄積し骨化することで進行する動脈硬化。血管内部の狭窄は見られないものの、進行するにつれて血管がもろくなり、血管破裂に至ることがある。

<一般的治療法>
動脈硬化そのものへの治療法はまだないが、薬物療法により血液の流れを改善する、手術療法により重篤な動脈硬化部位の血管を人工血管と入れ替えるなどが行われる。
ある日突然に起こるような疾患ではないため、動脈硬化の原因となる糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を防ぐことがまず求められる。

不整脈

<背景・疫学>
不整脈とは、心拍数やリズムが一定でない状態の事を言う。また心拍や脈拍が整であっても、心電図異常がある場合は臨床的には不整脈である。
不整脈の発生機序として刺激生成異常と刺激伝導異常がある。
高齢者に多いが、各世代に不整脈をもっている人は普遍的に存在している。原因として、虚血性心疾患、先天性心疾患などがある。
不整脈には様々な種類が存在し、全く自覚症状を伴わない不整脈もあるが、ある種の不整脈は生命の危険を伴っており突然死の原因とも成りうる。ただし、普通の人でも体調不良時に不整脈を起こしていることはよくあり、また常時不整脈を起こしている人でも日常生活にはなんら問題がない場合も多い。

]

ヒトの安静時の脈拍は通常50〜100拍/分程度であるが、これを下回っている場合を徐脈、多い場合を頻脈と呼ぶ。不整脈は心拍数から、頻脈性不整脈、徐脈性不整脈、心拍異常を伴わない不整脈に分けることが出来る。

<原因>

心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしている。ポンプを動かしているのは電気刺激である。まず、右心房にある洞房結節 (SA node) が興奮し、電気刺激が心房を介し右心房の下方にある房室結節へと伝わる。更に興奮は房室結節からヒス束、プルキンエ線維へと伝導し、心筋全体へと電気刺激が伝わっていく。刺激生成あるいは伝導経路のどこかが障害され、心臓の興奮が正常に伝わらない状態が不整脈を起こす。
例えば、心房細動は、心房の筋肉の各部分が無秩序、不規則に興奮している状態であり、この無秩序な興奮が心室へと伝達されることで脈が不整となる。

<一般的治療法>
心疾患がない場合には問題視されないが、心疾患がある場合、原因疾患への処置が必要となる。治療が必要な場合には、抗不整脈薬の投与や場合によっては除細動器なども用いられる。

動悸

<背景・疫学>

心臓の拍動が自分で感じられる状態。
動悸は自覚症状であり他覚症状ではないが、1分間辺り100回を超える心拍が計測された場合には頻脈とされる。

<原因>
動悸を起こす疾患は多岐に及び、循環器疾患ならばどんなものでも動悸は起こり得る。
例として、虚血性心疾患、心弁膜症、肺炎、消化管出血、貧血、甲状腺機能亢進症、発熱、アルコール中毒、自律神経失調症、パニック障害、うつ病、脱水等があげられる。

<一般的治療法>

動悸の訴えと心電図検査で異常が確認された場合には原因疾患への対処が必要となるが、異常が指摘されない場合、漢方が治療で用いられることがある。柴胡加竜骨牡蠣湯はストレス依存性の高血圧症に、疲労の症状がある場合には補中益気湯が、胃もたれがある場合には六君子湯などが処方される。

むくみ

<背景・疫学>
細胞間質液と血液の浸透圧バランスが崩れ、細胞組織に水分が溜まって腫れるもの。浮腫発症のメカニズムとしては浸透圧の低下、血圧上昇(静脈やリンパ管の閉塞)、血管透過性の亢進などが挙げられる。

<原因>
全身性浮腫、局所性浮腫に分類される。

全身性浮腫は、うっ血性心不全、心タンポナーデ、肺高血圧症、腎臓病などの浸透圧の低下によるもの、肝硬変やネフローゼ症候群など低蛋白血症によるもの、アレルギーによるものなどがある。

局所性浮腫は、リンパ浮腫、感染症の他、長時間の同一姿勢や塩分お酒のとりすぎ、過労・ストレスが原因で起こる。

<一般的治療法>
原因疾患がある場合にはその治療が行われる。
局所性の場合は、適度な運動やマッサージなどが推奨される。

冷え性

<背景・疫学>

手や足などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のこと。
病態としての定義づけはなされていない。
性別では女性に多いが男性でも冷えの訴えはあり、一般人(男64名女89名)を対象とした調査では、男性26.6%、女性 55.1%が冷えを自覚し、女子大学生においては、約半数が冷え性群であり、36%程度が冷えが苦痛に感じているとする報告もある。一方、男女差は無いとする報告もある。
1980年代に行われた調査では、調査対象者の約40%が何らかの冷え症状を訴えており、思春期後期の19.3歳±5.1歳で発症していると報告されている。

<原因>
遺伝、持病の病態の一つ、生活習慣などいくつかの要因が複合していると考えられている。
遺伝的な要因としては、進化の過程で飢餓への対抗手段として獲得した代謝を低下させる倹約遺伝子と呼ばれる機能のうち β3-AR 遺伝子変異が引き起こす交感神経反応の低下と報告されている。

疾病の病態としては、性ホルモンの変動とそれに伴う自律神経バランスの乱れが考えられる。体温は自律神経によってコントロールされており、産熱と放熱のバランスで体の中心温度を保っている。

間違った食習慣も冷え症の原因になる。例えば、ダイエットのため摂取カロリーのみを重要視する偏重した食事となり、炭水化物を排除し野菜のみの食事となったり、逆に炭水化物主体となり野菜、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪などの摂取不足から栄養失調を生じるためである。冷え性を訴える群には、『朝食抜き』『ダイエット中』『塩分や脂肪分の摂取が多い』とする報告がある。また、不規則な生活リズム、食事、薄着も影響を与えていると指摘されている。
食事誘発産熱といい、食事をすることで熱を産生する機構が人体にはあるが、朝食を抜いた場合ではより低下しやすいことがわかっている。

<一般的治療法>
冷え性は、生活習慣病の側面があるため、生活改善することである程度の予防・改善をすることが可能であり、様々な民間療法や俗説が存在している。
西洋医学では冷え性は一般には病気と見なさない場合が多く、あるいは自律神経失調症、症状によっては手指が白くなるレイノー病と見なされるが、漢方医学では冷え性を未病、病気のサイン、重大な病気の誘因になると考える。体質や性別、症状により以下のような漢方薬の処方が代表的である。
桂枝加朮附湯、桂枝茯苓丸、補中益気湯、大建中湯など。

たちかわ総合治療センター

メール予約

info@tatikawa-treatment.com

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

営業時間 : 9:00~14:30/
15:30~21:00 (年中無休)

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階
駅からのアクセスについて詳細