• 【不妊・不育プログラム】

    日本唯一のリハビリエビデンスに基づく不妊・不育プログラム

    女性のからだは月経周期の影響で、様々な面で不安定であります

    上記のように、ホルモン産出量、体温が変わりやすいのです

    さらにそれらは生殖器だけでなく、全身のバランスとも関わります

    理由として、体内環境を整えるホルモンは、ほとんどが血流性由来であるからです

    脳下垂体の前葉という部分よりほとんどのホルモンは産出されます。ですので一つのホルモンだけバランスが崩れる事は稀です

    ホルモンは下垂体前葉より毛細血管に分泌されて、全身へ働きますので血流が重要なことが理解出来ます

    その中でも

    1.体表血流

    2.筋血流

    3.内臓血流

    と区別されます

    大切なのは【3】です

    周産期医療の様々な場面で大切なのは、子宮、卵巣、卵管などの内臓血流です

    内臓血流を増やすためには…

    運動時や緊張時に増える筋血流を低下させる必要があります

    筋血流低下=内臓血流増加

    という方程式はリハビリではエビデンスがあります

    そのためにさらに大切なのが【呼吸】になります

    ※上記画像の骨格筋の部分は、内呼吸と言う細胞内代謝になりワッサーマンの歯車と言うエビデンスです

    呼吸【外呼吸】=心拍出【循環】=効果器【効果器】

    と言う体内でのエネルギー代謝により、ミトコンドリアからATPと言うタンパク質が産生されて生命活動が営まれます

    さらに、呼吸【外呼吸】=心拍出【循環】=効果器【効果器】からのATP産生は、自律神経の影響を常に受けてます

    結果として代謝向上のためには、

    1.適切な運動量と筋量
    【筋血流を増やさず内臓血流を保つ】

    2.安静時の換気量増大
    【心臓への血液還流増大させる】

    3.血圧や呼吸数や体温の安定
    【バイタル安定により自然治癒力を高める】

    が医療におけるベースとなり、自律神経のバランスに加えて、栄養面も大切になります

    栄養面の指標としては、TP【総蛋白】HB【ヘモグロビン】やSpo2【血中酸素濃度】になります

    メディカルジャパンでは、周産期医療介入においては、バイタルの安定や栄養面のサポートを考察した上で、医学的鍼灸やマッサージやトレーニングを処方してます

    結果として、バイタルの安定や、栄養面向上、自律神経の安定が得られます

    不妊・不育と言う臨床では、産科での医療に合わせて、て適切なタイミングと、確実な手法を選ぶ必要があります

    そのためメディカルジャパンでの不妊・不育プログラムは、日本不妊学会認定カウンセラーが統括してます

    また産科医師との連携もあり最新のエビデンスを取り入れてます

    【まるはし女性応援クリックさま】
    ※掲載の許可あり

    メディカルジャパンの不妊・不育プログラムの一列

    高精度バイタルモニター・Spo2測定器・血圧計・聴診器により、バイタルを確認

    自律神経診断・末梢血流神経により体内環境を確認

    加圧サイクルにて成長ホルモン値向上
    ※米国FDA認可のエビデンス

    PRI呼吸法指導

    星状神経節への医療レーザーアプローチ

    三陰交(多気多血)への鍼灸アプローチ

    2Dエコーによる妊娠後の逆子スクリーニング

    ICF分類を用いた細かな患者像のスクリーニング
    ※写真は膝痛例

    厚生省の養成課程をクリアした専門家

    上記のような多角的なアプローチにより、他社に出せない実績と信頼があります

    12年の妊活により出産
    現在二児を育児中の患者さん

    ※掲載許可あり

    結果を出すためには環境が大切です

    メディカルジャパンでは周産期医療の一端を担うサービスを適正価格にて提供してます

    【不妊・不育プログラム】

    医療機20〜30分

    鍼灸・マッサージ施術20から30分
    (バイタルチェック含む)

    一回4000〜4500円

    10回回数券30000円
    (要医師同意書)

    適正価格にて真のヘルスケアを提供

  • 【ゴルフファーへの専門プログラム】

    いつまでもプレースタイルを変えずにゴルフを楽しみたい方へ

    ゴルフの組み立てを考えると

    1、ドライバーでのTショット

    2、アイアンでのアプローチ

    3、パターでのカップイン

    に分類されると思います

    特に障害を発生しやすいのは、1ドライバーショットであります

    またバックスイング・インパクト・フォロースルー時で区分けするとインパクト時の怪我(障害)が、多いのが特徴であります

    怪我をしやすい部位は

    1.手首(腱鞘炎)

    ドケルバン病と言います

    母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています
    特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです

    整形外科での腱鞘内ステロイド注射は2回までは有効ですが、それ以上はエビデンスはなく腱の硬化が生じてしまいます

    リスクを考えると基本的に保存療法か弊社にある530治療器や超音波治療器は有効です

    ※オリンピック選手団が海外へ持参する機材になります

    製造元リンク

    http://www.medical.itolator.co.jp

    2.腰(ヘルニア)

    腰椎ヘルニアもしくは腰椎症

    腰椎は基本的にねじれない骨です

    上記を参考にしてください

    色々なゴルフ文献を読みましたが「腰を回旋」と記載されていますがとてもリスクが高いです

    運動生理学的には、骨盤帯の回旋であり股関節面での動きが、必ず生じます

    上記のように腰椎は椎間関節により回旋動作にはロックが生じますので、腰椎の損傷を起こしやすいです

    また腰椎椎間板は圧迫だけでなく側屈・回旋力にとても弱いのです

    ヘルニアの脱出方向を考察すると、必ず脊柱には側屈・回旋が働いてます

    腰部の治療としては重度な【脊柱管狭窄症】以外のオペはおすすめしません

    https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0017/G0000309/0052

    上記ガイドラインには、8年で23パーセントの再発、新規の発生はその10倍とされてます

    オペによる筋肉、靭帯、骨の損傷を考えると保存療法がリスクが少ないのが実際です

    保存療法とは何か・・・・PRICES処置

    PRICES処置は6つの処置から成り立っており、

    “P” 保護 (Protect)
    “R” 安静 (Rest)
    “I” 冷却 (Ice)
    “C” 圧迫 (Compression)
    “E” 挙上 (Elevation)
    “S” 安定・固定 (Stabilization/Support)

    急な痛みや怪我にお困りの方へ

    上記弊社ホームページになりますご参照ください

    3.肘(外側・内側上顆炎)

    上腕骨外側上顆炎

    上腕骨外側上顆に付着する筋は

    ・尺側手根伸筋 (手を小指側、手の甲側に動かす筋)

    ・総指伸筋 (人差指~小指を反らせる筋)

    ・小指伸筋 (小指を反らせ筋)

    ・短橈側手根伸筋 (手を親指側、手の甲側に動かす筋)

    ・長橈側手根伸筋 (手を親指側、手の甲側に動かす筋)

    ・回外筋 (腕を親指側に回す筋)

    上記になります

    上腕骨内側上顆炎

    上腕骨内側上顆に付着する筋肉は

    ・尺側手根屈筋 (手首を手のひら側に動かす・小指側に動かす筋)

    ・長掌筋 (手首を手のひら側に動かす筋)

    ・橈側手根屈筋 (手首を手のひら側に動かす・腕を小指側に回す筋)

    ・浅指屈筋 (人差し指~小指の付け根を曲げる筋)

    ・円回内筋 (腕を小指側に回す筋)

    上記になります

    治療は基本的に保存療法PRICES処置となります

    前腕の筋肉の使い方を世界的に研究している機関

    http://www.bristol.ac.uk/news/2017/october/echoflex.html

    前腕の筋肉は操作により5センチ程度収縮します(ゴルフ肘に関係する筋肉が存在する部分)

    その再現性はエコー診察の場合98パーセントであります

    すなわち肘の痛む筋肉の腱の付着部位は安静保持として、手や指を動かす筋肉の筋腹は正しくリリースすることで改善のサポートとなります

    ※リリースは正しい方法と方向と強度がありますので、絶対ご自身ではなさらないでください

    弊社運動器専門チームにご相談ください

    4.手(弾発指)

    ばね指

    thumb(親指)

    index(人差し指)

    のA1プーリーに多発します

    A1プーリーは【No man’s land】と言われる部分です

    血流が乏しく治療をしても成果が出づらい、何人も手をつけてはいけない領域とされてました

    近年手の外科が飛躍的に進歩しておりますので、専門医の腱鞘内ステロイド注射は2回までは有効と考えますが、以降は保存療法がメインです

    (1、ドケルバン病)と同じく弊社にある530治療器や超音波治療器は有効です

    深指屈筋

    浅指屈筋

    長拇指屈筋

    上記の3つの筋肉がターゲットになります

    (3、外側・内側上顆炎)に記載した通り、正しい方法と方向と強度のリリースは有効です

    5.肩・肩甲骨(後方四角腔絞扼障害・肋骨疲労骨折)

    Quadrilateral space(QLS)

    上腕骨外科頚、上腕三頭筋長頭、大円筋、小円筋に囲まれた狭い空間を、腋窩神経が通過してます

    スイング動作でのフォロースルー時に、緊張もしくは伸長される筋により腋窩神経が絞扼されます

    そのため上記の部分に違和感か痛みが生じます

    使いすぎによる筋損傷と違います

    治療は絞扼している筋に対して、530治療器・筋のリリース行います
    患者さんの感受性によっては鍼灸も有効です

    肋骨疲労骨折(ゴルファー骨折)

    好発部位は、利き手と反対側の第4・5・6肋骨角あたりに起こります

    スイングの際に肩甲骨×肋骨角がインピンジメント(衝突)が重ねて起こり骨折に至ります

    骨折に関しては安静保持や超音波治療がメインになります

    超音波の細かな振動は1秒間に300万回になります

    それらがジュール熱を発生して、損傷の治癒に役立ちます

    《ゴルフに必要なケアとは》

    1、CKC(クローズドキネティックチェーン)の構築

    2、自身のウィークネスを適切にストレングス行う

    3、オーバーユース予防のコンディショニング

    です

    メディカルジャパンには、ゴルフに詳しい職員が多いのが特徴です

    是非ご相談くださいませ

  • 一番下から身体を支える足首の重要性

    重力下では、下が崩れてしまうと上も必然的に崩れてしまいますので、身体を一番下で支える、積み木の一番下とも言うべき足首は重要です。

    ここがズレると、膝関節にもズレを生じ「膝痛」の原因にもなります。しかし、その強化に講じる手だては限られています。

    足には26個の骨があり、そのアライメント(骨の配列)を正しくすることが肝要なのですが、

    リハビリやトレーニングで足のアーチを作ることは出来ますが、筋肉を鍛えるそのつまらなさ大変さがあり継続ができないため、大きな成果が見込めません。

    従って足首に関して現状最も有効なのは、やはり質の高いインソールを入れることになると思われます。
     

    股関節は、立つ、歩くなど基本動作の起点を支える極めて重要な関節です。

    そして、その形状は肩関節と同じ臼状関節ですが、
    肩関節と違い靭帯もしっかりとしているので、
    外れにくいという特徴があります。

    そのため、股関節の動きには筋肉の使い方、バランスが大きく影響しますので、
    関節自体というよりも、脚の動きを見て、関節周囲のどの筋肉を鍛え、
    どの筋肉をほぐすのかという判断をしなければなりません。
     
     

    股関節

     股関節の動きとしては、膝を前に出す「屈曲」、膝を後ろにひく「伸展」、膝が外に割れる「外転」、膝が内に入る「内転」、お皿が外を向く「外旋」、お皿が内を向く「内旋」という6つがメインに挙げられ、
    更にいわゆる「ぶん回し運動」の「外回し」と「内回し」という2つを加えた合計8つの動きに分類されます。

    これらの中で、人は立つ時以外は必ず膝を前に出す「屈曲」という動作を行いますが、この動作は一つの筋肉でスムースに行われるわけではありません。

    例えば歩くときの「屈曲」では、まず主として「腸腰筋」が膝を上に引っ張りあげます。

    そこから脚を下ろすまでの動作には、様々な股関節まわりの筋肉が連動してきます。

    そしてこの歩行動作(「動的アライメント」)における、下肢の形には個々人の違いが出るのですが、これを第三者に正面から見てもらい、チェックすることで、鍛えるべき筋肉とほぐすべき筋肉が判定できます(無意識の普段通りの歩行を見てもらう)。
    チェックしてみましょう!
     

    歩く際に足を前に出して下ろすときに、膝の向きとしては足指の第二指の方向に向くのがベストです。
    つま先と膝の向きが合わさることが望ましく、この場合は膝への偏った負荷も少なく、膝関節の硝子軟骨も平らに摩耗するため、のちに膝に痛みを発すること可能性が少なくなります。

     しかし、いわゆる「ニーイン・トゥアウト(Knee-in, Toe-out)」という、膝(knee)が内側(in)に入り、相対的につま先(toe)が外側(out)を向く、親指に力がかかる歩き方は、膝の軟骨が摩耗しやすくなります。その逆も同じように膝の負担になります。

     鍛えるべき筋肉、ほぐすべき筋肉
    股関節の屈曲の際の股関節を中心にした脚の出方が、どれだけ外側へ向くか、内側に向くかは、自分の意識に関係なく、内側に引っぱる筋肉と、外側に引っぱる筋肉との筋バランス(筋肉の強さ・量・つき方など)が強い方のどちらかにに引っ張られて決まります。

     従って、股関節の屈曲と同時に内転する人は、大腿骨を外側に引っ張る(左右の)中臀筋・小臀筋が弱く、膝が内側に入りやすいため(足を外側へ出にくい)X脚になる傾向にあります。その場合は、中殿筋・小殿筋を鍛えて、内転筋群をほぐすべきです。

    逆に屈曲と同時に外転する(膝が割れる)人は、内側に引っ張る(左右の)内転筋群が弱く、O脚になりがちな傾向にあるので、この場合は内転筋群を鍛えて、中殿筋・小殿筋をほぐすべきということになります。

     また、お尻の筋肉、大臀筋のさらに奥にある深層外旋六筋は、文字通り股関節を外旋する筋肉ですが、これが弱いとお皿が内側を向きやすく(内股)、強いと外側に向きやすく(ガニ股)なります。

    股関節を内旋させるのは中殿筋の前面と大腿筋膜張筋の役目です。
    前述のパターンに倣えば、外旋なら、中殿筋の前面と大腿筋膜張筋を鍛え、深層外旋六筋をほぐすし、内旋なら、深層外旋六筋を鍛え、中殿筋の前面と大腿筋膜張筋をほぐす。ということになります。

     このように、まずは自分の歩き方(動的アライメント)をチェックし、鍛える筋肉とほぐす筋肉を定めた上で、筋肉にトレーニングを施すことが大変重要です。

     基本的に動的アライメントとしては、膝を真っ直ぐ出すのを意識して歩くと、動きや下肢の形も改善されていきますが、動きだけを改善しようとしても、その動きをサポートするべき筋肉が整っていないと、無理が出て続かなかったり、ケガの元となってしまいます。

    従ってその前に動きの元となる筋肉を変えることが重要となります。前述の弱い方の筋肉を鍛え、強い方の筋肉をほぐしていくと動きが楽になるので、そういうトレーニングを行うよう心がけましょう。

  • 【医師が推奨する】鍼灸・整骨整体マッサージ

    弊社と提携を結んでいただいております、
    立川クリニック院長、池田先生より
    推奨を頂きましたのでご紹介致します。

    はじめまして立川クリニックの池田です。

    私は今まで大学病院などで、
    内部障害と言われる心疾患をメインに、
    それらから派生する、高血圧、高脂血症、
    糖尿病などの生活習慣病に苦しむ方を
    治療してきました。

    「質の高い人生を過ごすためには、
    健康はかけがえのないものであります」

    健康とは、
    栄養、運動、休養、治療の4つが大切であり、

    病気にならない体に大切な事は、
    バイタル(呼吸、体温、血圧、心拍数、意識)
    が安定していることが大切です。

    バイタルの安定には、
    エネルギーの循環を良くすることが大切です。

    そのためには、
    人の身体には3つのポンプがあります。
    心臓、肺、筋肉になります。

    皆さん普段から気がつくことは少ないですが、
    心ポンプ、呼吸ポンプ、筋ポンプが、
    バランス良く働くから身体はイキイキと動けます。

    そして、
    病気になりずらい、回復力が高い元気な身体を
    保つことが可能です。

    メディカルジャパンとの提携は5年目を迎えます。

    彼らの素晴らしいところは、
    コメディカルの一員として、
    国家資格者が地域貢献を見据えた、マッサージや鍼灸を行なってます。

    また主訴の改善だけでなく、
    私自身が開発に携わった、加圧トレーニングなども、
    予防の観点から導入しております。

    加圧トレーニングについては、
    2016年に米国FDA正式認可がおりた、
    エビデンスに基づくリハビリトレーニングでもあります。

    加圧トレーニングは、私の専門とする、
    心臓リハビリテーション分野での、
    臨床導入から世間に認知されました。

    私個人の過去の実績を引き継いで、
    地域の皆さんへ適正価格にて提供する、
    チームが存在することをとても嬉しく思います。

    私はメディカルジャパンをおすすめします。

    大変素晴らしい推奨をありがとうございました。
    頂いた推奨文に恥じないよう、
    これからも日々精進して参ります。

    メディカルジャパンスタッフ一同

  • 《子育て支援・教育プログラム》

    78A98715-56B2-46E5-B17A-F2D5021A200B

    国が正式に認めた国家資格者が、
    子育てママを手助け応援しお子様の健やかな成長に責任をもち、
    健康で輝く日々が送れるようにしっかり担当します。

    7284F5DC-3EC8-4543-98F8-33BF633F3645

    【子育て支援の鍼灸・整体・マッサージ】

    国が正式に認めた国家資格者が、子育てママを手助け応援し、お子様の健やかな成長に責任をもち担当します。

    ようやく手が離れる年齢になると、子供の言動はたまに両親の手に負えなくなるケースが、増えてきます。

    例えば…

    落ち着きがない

    過度にはしゃぐ

    すぐに大きな声を出す

    ものに当たる

    たびたび泣いてしまう

    普段から眠れない

    勉強に集中できない

    友達関係が上手くいかない

    スポーツが苦手

    などなど上げたらキリがありませんよね…

    C3C18835-F21E-4597-AEDE-A0F94129566C

    理由として、幼児期、青年期のお子様の成長過程は、複雑であります。

    1.環境の変化が激しい
    (進学、習い事、行事など)

    2.自我と超自我形成が難しい
    (フロイト心理学から引用)

    3.身体の成長スピード
    (SDS曲線の変化による負担)

    などがあげられます。

    また大切なのが食事であり、砂糖や加工食品は必ず自律神経のバランスを乱します。

    そういった状態が長期化すると、お子様の成長のみならず、ご両親にかかるストレスも多くなり、悪循環を生じてしまい、お子様か青年期を迎えた際に、心因性の不定愁訴を招いてしまうと言うデータを、国際疼痛学会が発表しています。

    私達立川治療センターでは、近隣にお住まいの18歳までのお子様限定に、特別なプログラムを地域医療機関の方々と連携してご用意しました。

    【子育て支援鍼灸】

    【子育て支援整体】

    【子育て支援マッサージ】

    《実際の治療風景はトップページ一番下のバナーから》

    539DE29D-1A30-4770-85C0-11D6E7BCBBE1

    45分1000円
    (提携医療機関にて要医師の同意書)

    自費治療の場合
    45分2500円

    プログラム内容

    ●痛くないささない鍼
    ●動作法をもちいた整体
    ●安全で効果的なマッサージ
    ●薬事法認可医療機

    オプション内容(30分 2000円)

    ●自律神経診断
    ●末梢血流診断
    ●姿勢画像診断
    ●歩行分析診断

    ※それぞれ大学病院レベルの機材を使用します。

    またお子様を対象とした(子育て支援ヨガ教室)を定期的にボランティアにて開催していますので親子にて参加可能です。

    私達国家資格者は、身体のことも、こころのことも、しっかり学習しておりますので、ご安心してお任せくださいませ。

    セラピストは、丁寧語を使用して、褒める事をメインに接します。

    (リハビリ学習獲得の法則)

    1.簡単な課題を行う

    2.何度も繰りかえす

    3.疲れないようにする

    などに配慮して基本は楽しく行います。

    上記を新しい優れた環境と設備下にて行うことにより、お子様の心身バランスは整い、喜怒哀楽の表出が適度になり、問題解決意識が芽生え、コミュニケーション能力が向上して、明るく楽しく笑顔溢れる家庭生活に変わります。

    弊社セラピストは子育て経験もある人材が多く様々なケースの悩み相談もお受け可能です。

    大切なことは正しい知識と環境です。

    まずはお気軽にご相談くださいませ。

    株式会社メディカルジャパン
    190-0011
    東京都立川市高松町1-6-8
    メディカルジャパンビル
    //co.tatikawa-treatment.com/

    健康オフィスJapan
    106-0031
    東京都港区西麻布2-21-3
    《一生モノの身体つくり》
    電話 03-6300-5611
    //japan-health-office.com/【営業時間】 8:00〜22:00年中無休
    新宿総合治療センター
    【新宿鍼灸院 新宿整体院 新宿整骨院 新宿マッサージ院】
    《専門家が高い知識と技術を》
    //medical-shinjuku.com

    kokokara新宿南口店
    《国が認めたマッサージ》
    //medical-kokokara.com/
    150-0054
    東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階
    電話 03-6300-5611
    【営業時間】 8:00〜22:00年中無休

    たちかわ総合治療センター
    【立川鍼灸院 立川整体院 立川整骨院 立川マッサージ院】
    《最新理論と技術で症状を解決》
    //tatikawa-treatment.com
    kokokara立川北口店
    《国が認めたマッサージ》
    //medical-kokokara.com
    190-0012
    東京都立川市曙町2-4-4昭和ビル8階
    電話 042-519-3822
    【営業時間】 8:00〜22:00年中無休
    メディカルフィットネス
    メディカルコンディショニング
    からだLab東京
    《専門家が予防とメンテナンスを》
    190-0023
    東京都立川市柴崎町3-1-1昴ビル4階
    電話 042-519-3822
    //tatikawa-labo.com
    【営業時間】 8:00〜22:00年中無休

    たまladies鍼灸マッサージ
    《女性専門の安心鍼灸マッサージ》
    190-0011
    東京都立川市曙町1-13-11クレストビル1階
    電話042-519-3822
    //tamaladies.com
    【営業時間】 8:00〜22:00年中無休

    訪問リハビリ鍼灸マッサージ
    《医療保険にて在宅リハビリを》
    190-0011
    東京都立川市高松町1-6-8
    メディカルジャパンビル内
    //medical-houmon.com
    電話042-519-3822

    ●理学療法士
    ●鍼灸師
    ●あんまマッサージ指圧師
    ●米国PHIピラティス認定インストラクター
    ●米国NLP協会認定プラクティショナー
    ●日本不妊学会認定カウンセラー
    ●日本酵素学会認定カウンセラー
    ●AHAガイドラインBLSプロ
    ●加圧スペシャルインストラクター
    ●DYMOCOフットケアトレーナー
    ●シナプソロジーインストラクター
    ●認知症トレーナー
    前田 智世

たちかわ総合治療センター

メール予約

info@tatikawa-treatment.com

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

営業時間 : 9:00~
21:00 (年中無休)

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階
駅からのアクセスについて詳細