坐骨神経痛

坐骨神経痛でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術で坐骨神経痛をしっかり改善致します。

坐骨神経とは?

坐骨神経は臀部、大腿部の後ろを通り膝から下腿(ふくらはぎやスネ)を通り足先までつながる、末梢神経の中では「最大の神経」です。
その神経の走行に沿って出る痛みを坐骨神経痛と言います。坐骨神経痛は「病気」の名前ではなく、「症状」の総称のことを指します。
痛みの出る場所は人によってさまざまで、一番多いのは腰から臀部にかけてですが、大腿部の後ろや指先だけに症状が出る方も少なくありません。

主な症状

  • 腰の痛み
  • 臀部の痛みしびれ
  • 臀部から大腿部の後ろ、足にかけてのしびれや痛み
  • 足に力が入らない、入りにくい
  • 足にしびれ、触ると感覚の鈍い
  • 体を動かした際に痛みや痺れが強くなる
  • 座り姿勢など同じ姿勢でも腰やお尻、足にかけて痛みやしびれが出る
  • 安静にしていても痛みやしびれが出る

などの症状でお困りの方は坐骨神経痛の可能性があります

若年者の場合には腰椎椎間板ヘルニアで症状を伴うことが多く、高齢の場合には腰部脊柱管狭窄症で伴うことが多い様です。

その他に

  • 梨状筋症候群
  • 脊椎、脊髄腫瘍
  • 骨盤内腫瘍
  • 内臓器疾患

などを伴って坐骨神経痛が症状として出ることもあります。

原因
原因は様々ですが、80%は腰椎椎間板ヘルニアによるものされています。
椎間板ヘルニアからの場合、変形した椎間板から髄核や線維輪が脱出し、その部位が坐骨神経に当たることにより、痛みが出現します。
また、脊柱管近傍への転移性腫瘍による神経痛の場合には、持続的な激しい腰痛・下肢痛が特徴的に出ます。
好発年齢
30~40代の発症が最も多いとされています。
しかし、上記の病状以外にも、長時間のデスクワークや肉体労働で過度に体を使う職業の方など、体に負担がかかりやすい体の使い方をしている方は、年齢に関わらず症状が出る方も少なくありません。
一般的治療法
腫瘍以外の場合…保存的療法①安静②薬物療法③理学的療法④ブロック療法
※上記が無効の場合には、外科的治療法

メディカルジャパンにしかできない介入例

メディカルジャパン では、ただ闇雲に患部を揉みほぐす事はしません。
まず坐骨神経痛なぜ起こってしまったのか、どこが原因になっているのかをしっかりと検査を行い、評価していきます。

モーションキャプチャーによる姿勢の評価

BOCAによる筋バランス

エコーによる患部の炎症有無

これらを基に患者さんのバイタル、生活環境、既往歴、と照らし合わせた上で私たちにしかできない治療プランを立て、効果の高い鍼灸やマッサージ、矯正などを行い治療を行っていきます。

予防法やリハビリプログラム

症状の改善に合わせて、正しい体の使い方、姿勢指導、トレッドミルを使った歩行の診断、正しい歩行をサポートするためのインソール作成、ピラティスや加圧を使ったインナーマッスル強化、筋バランスの改善など、坐骨神経痛を無くすことはもちろんですが、その後の再発予防をしっかりと指導していきます。

また、病院での診察が必要と判断した場合は、地域の高度な医療機関とも連携しているため紹介も可能です。

そのうち治るだろうとほっておくと重症化する事もあります。
痛みに耐えることにより問題のなかった場所への負担が増え、普段通りの日常生活が送れなくなってしまうことさえあります。
自分で治そうとせず、まずは電話等でも構いません。ご相談ください。

メディカルジャパンは安心で健康な生活が送れるようサポートいたします。