慢性腰痛とは?

腰に痛みを感じてから3カ月あるいは6カ月以上経過しているものを「慢性腰痛」と呼びます。慢性腰痛は、原因や状態は様々で、小さいお子さんから、ご高齢の方まで幅広い方に見られます。

慢性腰痛には腰に異常がないのに痛みが続くケースと、腰の異常が治ったのに痛みが続くケースの2タイプがあります。腰の痛みがよくなったり、悪くなったりするのを繰り返す場合も慢性腰痛に含みます。痛みの程度はさまざまで、なかには激痛を訴える場合もあります。

平成16年国民生活基礎調査では、日々の生活の中で感じる自覚症状として、男性では1位、女性では2位という結果が出ており、日本国民の多くが腰痛症に悩んでいることが分かっています。

慢性腰痛の多くは、筋・筋膜性腰痛(筋肉性腰痛)と呼ばれ、しっかりとした治療をしなければ何度も繰り返してしまいます。 普段の姿勢や筋肉の疲労状態、筋力や柔軟性の低下が原因となり起こります。激痛ではなく、重だるく、張りや凝るような不快な痛みに悩まされるのが特徴です。

腰痛の原因別分類

まず、腰(脊柱)に由来するものと、それ以外のものに大別されます。

腰(脊柱)に由来するもの

先天異常や側弯症、腰椎分離症など主に成長に伴っておこるもの、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など主に加齢により生ずるもの、腰椎骨折や脱臼などの外傷、カリエスや化膿性脊椎炎などの感染や炎症によるもの、転移癌などの腫瘍によるものなどがあります。

それ以外のもの(内蔵由来、血菅由来、心因性

解離性大動脈瘤などの血管の病気、尿管結石などの泌尿器の病気、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気、胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器の病気、変形性股関節症などの腰以外の整形外科の病気によるものがあります。加えて身体表現性障害、統合失調などの精神疾患や精神的なストレスによる心理的な原因による場合もあります。

上記の中でも、1番代表的な筋・筋膜性腰痛については、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

01.屈曲型

殿筋群やハムストリングスの短縮により体幹前屈動作における骨盤前傾が制限され、疲労・短縮した腰背部の筋が遠心性収縮を強いられて増悪するタイプを指します。日常生活での愁訴としては「靴下を履くときにいたむ」、「椅子に座るときに痛む」などと表現されます。

02.伸展型

腸腰筋や大腿筋膜張筋など股関節屈筋の短縮や過緊張があり、体幹を伸展させる際に骨盤前傾・腰椎前弯が増強して疼痛が増悪するタイプの腰痛を指します。一般的な愁訴として、「椅子から立つときに腰が伸びない」などと表現されます。

03.回旋型

体幹回旋により疼痛が増強されるタイプの腰痛で多くの場合腹筋の緊張が不十分なため回旋動作の際に骨盤前傾が増強し、腰椎に回旋・伸展ストレスが加わるため起こると考えられています。非回旋側では同側の腰方形筋の過緊張により、非回旋側では骨盤前傾が増強して伸展型腰痛と同様のメカニズムが一側に作用して疼痛が増強する例が多くみられます。野球やテニスなど回旋動作を多用するスポーツに多発します。

それぞれどの動きで腰の痛みが増悪するのかによってどのタイプの腰痛か考えていくのが簡単な見極め方になります。
例を挙げると、腰を左右に回した時に痛みが出やすい方だと回線型腰痛と判断できます。
しかし、単純に腰だけの問題ではないことが多々あります。
お尻の柔軟性や股関節の可動域はしっかりと確保されているか。お腹の筋力はどうか。普段の立ち姿勢や生活スタイルはどのようにしているのか。ゴルフやテニスなど、身体を頻繁に捻るスポーツをしているのか。など…

上記のように単純な回旋型腰痛でも色々情報があることによって治療方針は随分と変わります。
ただほぐすだけでは1週間しないうちにまた腰が痛くなることでしょう。

回旋型腰痛以外でも、普段の姿勢や筋肉の疲労状態、筋力や柔軟性の低下が起因して起こってくるのが筋・筋膜性腰痛の特徴です。

症状別の腰痛治療法はこちらをチェック⬇︎

一般的治療法

保存的療法①安静(コルセットの使用含む)②薬物療法(鎮痛・消炎剤)③理学療法(鍼治療・運動)

観血的治療①手術療法(原因により他種に分かれる)

メディカルジャパンにしかできない介入法

症例によっては、観血的療法(手術して痛みをなくす)と保存療法(手術せずに回復)がありますが、ここでは弊社で行う保存療法(手術せずに回復)について述べることにします。

筋肉性の腰痛の場合(鍼灸介入法)

2Dエコー(超音波検査)を用いて検査をします。2Dエコーは筋肉、腱、靭帯などの軟部組織の観察に優れています。
レントゲンやCTには映らない痛みの原因、つまり観察が不可能なトリガーポイント、筋線維、靭帯、腱などの軟部組織が原因の場合、この2Dエコー(超音波検査)が大変有効です。
2Dエコーを使用することにより的確なアプローチが可能になります
治療法【皮下3㎝深部最長筋の傍鍼刺】 血管を圧迫する筋肉に血流改善を促すことで背中の疲労回復・柔軟性が高まる・呼吸が楽になることなどが挙げられます。 最長筋に十分な柔軟性があれば、背骨や肋骨の動きもスムーズになります。 そのため、大きく息を吸ったり吐いたりしやすくなり、呼吸が楽にできるのです。
最長筋の主な働きは、脊髄の神経を守って背骨を支えることです。 また、同じ脊柱起立筋である胸助筋や棘筋と連動して体幹を守り、背筋を伸ばす・横に倒す・体をひねるといった動作をサポートしています。

ヘルニアの保存療法に有効な「超音波鍼灸」は当院独自の画期的な治療法です。

「超音波鍼灸とは」

提携医療機関にてMRIを撮影。患部を把握することにより医療機治療の精度と効果を向上。

その後、ピンポイントの鍼灸と超音波を非温熱効果もしくは温熱効果のどちらかで照射します。

超音波→深部熱による脊髄動脈及び動脈叢の血流増大。

さらに高周波治療器・超音波治療器組合せ理学療法機器(アストロン)を使用し、高周波で筋肉の緊張の緩和し、痛みの伝達を抑制する効果を期待できます。

「高周波治療+超音波治療」

高周波治療器・超音波治療器組合せ理学療法機器(アストロン)を用いて「超音波治療+超音波治療」を合わせて行う治療法により、さらに鎮痛効果に対するアプローチを可能としています。

高位L3/4高位L4/5のヘルニアに対しての超音波+高周波治療
高周波→伝導ブロック作用による鎮痛

当院に来院している方は週2回のペースで3週間でNRS10→3.4まで改善します。また、その方個人の筋バランスや骨格のバランスを考察したリハビリ体操を行って再発ゼロを目指します。

AI姿勢分析システム

現在の姿勢から、筋肉が硬くなる部位や痛みの原因となる部位、未来の姿勢などを推定し、施術の方針や効果をよりわかりやすく説明することができます。患者様自身にも体の状態を理解してもらいやすくなりました。

これによって、どこの筋肉を緩めたら良いのか、どこの筋肉をトレーニングしたら良いのかがわかります。自分の身体を認識すれば、何を改善すればよいのかがわかります。 もちろん、更に的確な施術も可能となります。そして、このような分析をもとにあなたに合ったトレーニング法と、ストレッチ法をお伝えすることができます。

マイオプレッシャー(歩行診断機)

約二万個のセンサーが可動するトレッドミルの上を歩行すると、自身の足圧、重心移動、左右荷重値が分かります。さらに二台のカメラを使用することにより、自身の歩行姿勢も目で確認できます。

歩行診断をすることで、自分の歩き方のバランスを知れて正しい歩き方ができるようになります。歩き方が改善されると体の無駄な動きが減り、正しく使えなかった部分が使えるようになるので体本来の動きを出すことができるようになり体の負担が減ります。また、歩行バランスの悪さからくる体の諸症状の改善もされます。
歩行診断の様子になります。
1年半のリハビリを経てここまで変化がありました!!

インソール・靴処方

マイオプレッシャー(歩行診断機)にて測定した結果に基づき、より体に合ったインソールの作成を可能としています。歩行時の重心バランスの偏りや足の軌道のぶれなどが自身でも確認することができるため、より正確な指標で足裏全体を正しく使って歩けるように改善されます。

体に合ったインソールをいれることで足本来の機能を引き出し、足のアーチがしっかりサポートされ、正しい重心がかけやすくなります。パフォーマンスアップ、持久力向上、疲労軽減、筋肉や人体へのストレスも軽減され、普段の歩き方も楽になります。

【リアライン・コア】【リアライン・バランスシューズ】

リアライン・コアは、体の中心(コア)を構成する骨盤と胸郭の歪みを整えるための運動補助具です。骨盤・胸郭に「歪み(非対称性)」が生じると、背骨全体だけでなく、肩や首、股関節の運動機能にも悪影響を及ぼす可能性があります。

リアライン・コアを装着して10分程度の簡単なエクササイズを行うことで、骨盤と胸郭の歪みを整え、背骨の「最適な運動パターン」を効果的に学習できます。

まずは、原因となりうる「中腰での作業」や「重たいものを持つ」ことを避けるなど、出来るだけ腰に負担をかけないことが重要になります。また、腰に負担をかけないようにするだけではなく、腰周囲の筋肉を柔軟性を上げつつ強化することが必要になります。特に治療期間においては、悪化させないためにも、無理をしない範囲での強化が必要になります。

具体的には、体幹回旋筋群、臀筋群、内転筋群の柔軟性、腹圧を入れられるようにするためのインナーマッスル(多裂筋、腹横筋、骨盤底筋)の強化などが上げられます。

メディカルジャパンのセラピストたちは、皆さんの腰痛がどのようなタイプなのか、また、ただの慢性的な腰痛ではなく、他の障害が併発していないかということをしっかり見極め、治療しアドバイスをしていきます。

ただ治療するだけでは、再発して何度も治療院に通うことになるでしょう。 メディカルジャパンで再発予防を含めた治療をしっかりとしていきませんか?ご相談、お待ちしております。

なかなか改善されない症状に
★初回限定メニュー★【ヘルニア・腰痛コース】エビデンスのあるリハビリで症状の根本をしっかりと改善
75分
¥3,850- (税込)

★通常料金6,600円⇒初回限定料金3,850円(税込)
★当院を初めてご利用いただく方へ、初回限定料金にてご提供しております。
【メニュー内容】
①カウンセリング(15分)
②医療機ケア※全身の血流循環を向上させる医療機器(30分)
③お身体の状態チェック→施術→施術後のアドバイス(30分〜40分)
※来院時にスタッフへこちらの画面をご提示ください
※メニュー内容のトータル所要時間が75分前後となります。
★当日空きがある場合もございますので、電話予約にてご連絡ください。

来院された方の喜びの声

坐骨神経
症状に合った様々なアプローチをしてくれました
ゴルフ帰りに同僚に連れられ、お世話になりました。わざわざマッサージを受けに行くほどではなかったのですが、腰痛持ちではあったので、腰を重点的にお願いしました。治療後予想以上に楽になり、少し衝撃でした!マッサージに加え骨盤矯正をしてくださったのですが、左右差がかなりあったようで、それも腰痛の原因の1つになっているとのことでした。自分では気にすることもなかったので、言われなければ気づくこともなかったと思いますが、後々体の不調の要因になるということだったので、早いうちに指摘していただけて良かったです。場所的に、通うのが少し大変ですが、新宿や渋谷にも店舗があるということなので、そちらで今後はお世話になろうと思います。ありがとうございました。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ

たちかわ総合治療センター

メール予約

[365日年中無休] 9:00~21:00

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

お問い合わせ

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階

PAGE TOP