腱鞘炎

腱鞘炎でお困りの方へ。
国家資格保持者による安心な施術で腱鞘炎をしっかり改善します。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎は、以前は手首が主な発症部位でしたが、PCやスマートフォンの普及により、指先での発症事例も増えております。
また、「バネ指」や「ドケルバン病」と言った疾患も腱鞘炎に含まれます。

腱鞘炎とは、筋肉と骨を結びつけている部分である腱の周囲を、腱鞘と呼ばれる筒状のもので囲むことにより、手足や指が曲げられる様になっているのですが、主に曲げ延ばしの使い過ぎにより、腱と腱鞘が強く擦れることで炎症を起こしてしまいます。
また子育て中の方が、赤ちゃんを抱きかかえる際の負荷で発症することもあります。

バネ指

手の指を曲げ延ばしする際に、抵抗感があり、バネが弾ける様な動作になる症状で、曲げ延ばしの際に、痛みを伴う場合もあります。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

親指を広げる際に使われる長母指外転筋と短母指外転筋の腱が手首の腱鞘と強く擦れることを繰り返すことで発症します。

一般的な治療法と、メディカルジャパンにおいての介入の違いと改善への流れ

腱鞘炎の医療機関では患部の安静と抗炎症薬の投与を行い、症状次第では手術に寄る治療を行います。
バネ指では発症している腱鞘に副腎皮質ホルモンを注射したり、慢性化している場合は手術による切開を行うこともあります。
ドケルバン病では安静、そして投薬や腱鞘内ステロイド注射を行い、改善しない場合や再発を繰り返す場合には、腱鞘切開手術を行います。
当院では、急性期であれば、アイシングに寄る冷却、マッサージなどの手技療法や鍼灸に寄るアプローチを行い、術後に安静を保つために、シーネやテーピングに寄る固定を行います。

日常生活で気をつけたいポイント

基本的には使い過ぎに寄るものが原因となっておりますので、安静にして頂くこと、また当院では患部への負荷を出来るだけ減らすための身体の使い方指導なども行っております。