頸椎捻挫

ムチウチ(頸椎捻挫・頚部挫傷)でお困りの方へ。
安心の国家資格者による施術にてムチウチをしっかり改善致します。

ムチウチ(頚椎捻挫・頸部損傷)とは?

一般的にムチウチと呼ばれ、追突、衝突などの交通事故、または急停車などによって首が鞭のようにしなるような、急激な外力により、頸部組織の損傷が起こることを言います。 今日では、頸椎が生理的可動域を超えて受傷したものは頸椎捻挫、それ以下のものには頸部挫傷と区別するのが一般的です。 頸椎捻挫の定義は、【頭部・頸部に直接の外力が加わることなく、体幹に加わった衝撃力によって、頭を支えている頸椎に過伸展・過屈曲が強制されたために起こる障害で、X線撮影上、脱臼や骨折が明らかではないもの】とされています。

症状の特徴により

  • ①頸椎捻挫型
  • ②神経根症状型
  • ③バレー・リュー症状型
  • ④脊髄症状型
  • ⑤脳脊髄液減少症に分類されます。

①頸椎捻挫型
頭痛、頸部痛、頸椎運動制限の3大症状にと止まるものです。
②神経根症状型
後部痛、頸部・背部・上腕~手指にわたる痛み、こり、痺れ、脱力や頸椎の運動痛など頸神経根症状が目立つものです。
③バレー・リュー症状型
頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、難聴、悪心、嘔吐、眼振、眼痛、霧視など自律神経症状の目立つものです。
④脊髄症状型
四肢不全麻痺、歩行障害、筋肉萎縮、膀胱直腸障害などが現れます。整形外科や整骨院で治療を行うのが一般的です。
⑤脳脊髄液減少症
起立性頭痛が典型的な症状です。その他にも、耳鳴り、聴覚障害視力低下などが伴う場合もあります。

原因 急激な後方からの外力により、頭を支えている頸椎に過伸展、過屈曲が強制され、頸部組織に損傷が起こることで発症します。 人間の頭部は、体重の約10%程度と言われています。体重が50㎏の人で約5㎏あり、500ml入りのペットボトル10本分を常に首で支えている状態なのです。 衝突事故などによる衝撃が、重量体重の約10%もある頭部を支える首にかかることで、大きなダメージが残ります。

また、症状はすぐに出ないことが多く、軽い事故だから大丈夫と病院に行かないで済ませると後々、症状が強くなりいつまでも苦しむことになります。
さらに、知らず知らずのうちに神経を損傷し、自律神経症状、ヘルニア、脊髄症状、脳脊髄液減少症など重症化する場合もあります。

一般的治療法
原則として 保存療法
※急性期の場合1安静(カラーなどでの固定含む)と状態により②精神的ケアが重要

メディカルジャパンにしかできない介入例

頸椎捻挫は後遺症の残りやすい疾患です。その為、初期治療やリハビリなど専門的にかつ的確に行う必要があります。

メディカルジャパンでは、地域高度医療機関との連携をとり、的確な評価に基づいて、国家資格を持った専門家による治療から後遺症予防リハビリテーション、日常生活を不自由なく送るためのアドバイスまで、患者さん一人一人にあったサポートを全力で取り組んでいます。
お悩みの方はぜひご相談下さい。

予防法やリハビリプログラム

不意の外力への予防は難しいものですが、早期の的確な治療を行うことで、ほぼ100%が治癒するといわれています。
発症後は、我慢や無理な動きをせず、速やかに治療にいらしてください。

参考文献

『臨床医学各論』(2008)医歯薬出版株式会