メニエール病

<背景・疫学>
ぐるぐる回転するめまい、それと一緒に難聴・耳鳴りが起こる病気。それを何回も繰り返しますことが特徴。メニエール病のめまいは、大抵は数時間続く。短くても10分以上、長くても1日続くことはあまりないとされる。
その発作は繰り返しおこり、その頻度は、週一回から、年に数回とさまざま。
聞こえはかならずしも元に戻るとは限らず、めまいの発作を繰り返すうちにだんだんと聞こえが悪くなってしまうことが多いようである。
平均発症年齢は男性48.5歳、女性51.4歳、直近の国勢調査結果で補正した階層別年齢で60歳以上の発症割合は男性19.8%、女性30.2%。
ちなみに1975年当時の調査では、平均発症年齢は男性42.2歳、女性41.4歳、60歳以上の発症割合は男性10.7%、女性13.2%であり、平均年齢は約10歳、60歳以上の発症割合は約2倍に増加しており、近年のメニエール病発症年齢の高齢化を示す結果となっている。
また、性別では男性33.5%、女性66.5%と女性優位の結果となった。

<原因>
内耳は「内リンパ」という液体で満たされている。その液体が増えすぎると内耳がむくみ、めまいが起こる。この「内リンパ」が増えすぎた状態を内リンパ水腫と呼ぶ。
メニエール病ではめまいのほか、難聴や耳鳴り、耳が詰まったような症状が起こる。
また、メニエール病が発症するきっかけとして、精神的ストレス、肉体的過労、睡眠不足などが知られている。家庭内の不和、転職などの環境の変化、職場におけるさまざまな問題、受験勉強など、ストレスの原因は多岐にわたる。

<一般的治療法>
めまいの発作がひどいときは、抗めまい薬(めまいをとる薬)や吐き気止めが、また、不安感が大きいときは、抗不安薬(不安を和らげる薬)が用いられる。
発作が治まっても今後も同様の症状を繰り返しやすいと考えられている。
メニエール病にかかったり、その症状が長引いたりする原因として、日常生活のストレスが関連しているため、ストレスを軽くすることも指導される。
それ以外に、水分摂取や有酸素運動も治療に有効であると、最近の研究では報告されている。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ