不眠症

<背景・疫学>
不眠症とは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気。
不眠の原因はストレス・こころやからだの病気・薬の副作用などさまざまで、原因に応じた対処が必要とされる。不眠が続くと不眠恐怖が生じ、緊張や睡眠状態へのこだわりのために、なおさら不眠が悪化するという悪循環に陥る。
日本人を対象にした調査によれば、5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答している。また、加齢とともに不眠に苦しむ人の数は増加している。60歳以上の方では約3人に一人が睡眠問題で悩んでいる。そのため通院している方の20人に1人が不眠のため睡眠薬を服用している。

<原因>
日常生活の乱れ、外界からの刺激、ストレス、心身の不調、薬やタバコ、アルコールなどの刺激物の影響など、様々な因子がきっかけでおこる。
主に日常生活の乱れや外界からの刺激などで起こる不眠を機会性不眠といい、機会性不眠が心理的機構によって固着したものや、何の要因もなく発症するものを症候性不眠(神経症性不眠)という。
不眠症には、入眠困難、中途(早期)覚醒、熟眠障害、全く眠れないものなどのタイプがあり、心理的な作用が大きいほど熟眠障害などが強くなっていく。

<診断>
不眠が続くと日中にさまざまな不調が出現するようになる。症状は倦怠感・意欲低下・集中力低下・抑うつ・頭重・めまい・食欲不振など多岐にわたる。
「1. 長期間にわたり夜間の不眠が続き」「2. 日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する」、このふたつが認められたとき不眠症と診断される。

<一般的治療法>
GABA受容体作動薬やメラトニン受容体作動薬、オレキソン受容体作動薬などの薬物療法に加え、睡眠に対する誤った考え方や生活習慣を修正する認知行動療法や不眠へのとらわれを打破する森田療法が用いられている。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ

たちかわ総合治療センター

メール予約

【365日年中無休】 9:00~
21:00 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

info@tatikawa-treatment.com

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階

PAGE TOP