痛風

<背景・疫学>
尿酸という物質が関節の中で固まって結晶になるために起こる関節炎を主な症状とする疾患。

関節炎は突然に起こるために痛風発作と呼ばれることもある。
遺伝子にも含まれるプリン体は代謝される際、最終的に尿酸という物質に変わる。種々の理由により血中の尿酸濃度が高くなり、7.0mg/dlを超えると高尿酸血症という状態となる。高尿酸血症が長く続くと関節の中で尿酸が固まり、固まった尿酸が関節腔に落下すると白血球が攻撃し、痛風発作が起こる。

<原因>
肥満、高血圧症、高脂血症、耐糖能異常が原因で起こるとされる。また、腎臓の排泄能低下、降圧利尿剤なども原因となることがある。

<一般的治療法>
痛風発作時の治療には消炎鎮痛薬が用いられ、ステロイド剤の局所注射なども行われます。痛風発作が治まってからは、尿酸値をコントロールする薬の長期間服用が指導されます。
また、食生活や生活習慣の改善も指導されます。


たちかわ総合治療センター

【受付時間】
午前 : 08:00 – 12:00
午後 : 13:00 – 17:00
夜間 : 18:00 – 22:00
 【休診時間】
12:00 – 13:00 / 17:00 – 18:00

完全予約制 ( 当日予約可 )

Tel : 042-519-3822

アクセス詳細は(→こちら
PAGE TOP