胃下垂

<背景・疫学>
胃が正常な位置よりも垂れ下がっている状態をいう。重症になると、骨盤の位置まで胃が落ち込むこともあるとされる疾患。さまざまな腹部症状を訴える方がいる一方、無症状の場合もあり、特有の症状がないことなどから、西洋医学では病気として扱われない場合も多くある。

<原因>
胃を支える筋肉や、脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいといわれるが、腹壁の緊張の変化や、痩せすぎによる腸壁の脂肪不足、腹圧の低下など、複合的な要因で起こると考えられている。また、暴飲暴食、過労、不安などによるストレスや、腹部の手術、出産などを繰り返した場合、急速な体重減少などが関連しているとする説もある。

<一般的治療法>
基本的に治療は必要とされず、腹部膨満感、食後のむかつき、吐き気・ゲップなどの症状のような煩わしい症状が続くときは、胃腸機能調整薬や消化酵素薬などを処方されることがある。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ

たちかわ総合治療センター

メール予約

[365日年中無休] 9:00~21:00

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

お問い合わせ

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階

PAGE TOP