胃痙攣

<背景・疫学>

胃の痛みや悪心・嘔吐といった症状のこと。
胃痙攣はあくまでも症状であり病名や疾患名ではなく、対処法や治療、予後は原因によって異なる。

<原因>
様々な疾患が胃痙攣を引き起こすが、病気だけでなくストレスや緊張なども胃痙攣を起こす。
頻度の高い疾患は下記のもの。

胃の疾患:慢性胃炎、胃潰瘍、胃炎、アニサキス症、胃がん
腹腔内の疾患:膵炎、虫垂炎、胃腸炎、胆嚢炎・胆管炎

特に重篤な疾患としては、急性膵炎、胆嚢炎・胆管炎、胃がんなどがある。
それぞれの特徴的な症状として以下の症状が伴う。
・膵炎:心窩部と背部に強い痛み
・胆嚢炎/胆管炎:右上腹部の痛み、高熱
・胃がん:吐血  

これらは生命に関わる重篤な疾患で、その他の病気との鑑別が重要。
上気のような症状がある場合には緊張の対応が必要。

<一般的治療法>
胃痙攣がある場合には、原因を調べることが最も重要だが、同時に痛みを抑える対症療法が行われている。


たちかわ総合治療センター

【受付時間】
午前 : 08:00 – 12:00
午後 : 13:00 – 17:00
夜間 : 18:00 – 22:00
 【休診時間】
12:00 – 13:00 / 17:00 – 18:00

完全予約制 ( 当日予約可 )

Tel : 042-519-3822

アクセス詳細は(→こちら
PAGE TOP