胃酸過多症

<背景・疫学>
医学的な病名ではなく胸やけや胃酸の口腔内への逆流が自覚される場合に用いられている病名。

<原因>
胃への攻撃因子である胃酸と、胃の防御因子である胃粘膜の作用のバランスが崩れて攻撃因子が優勢になると「胃酸過多」となり、胃酸によって胃粘膜が傷つけられてしまい、胃炎や胃潰瘍などにつながる。

<一般的治療法>
治療は神経性胃炎や逆流性食道炎に準じてH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)が処方される。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ