難聴

<疫学・背景>
音が聞こえにくい、言葉が聞き取りにくい、あるいはまったく聞こえないといった症状を難聴という。聞こえの程度は人によって異なる。高音だけ、あるいは低音だけなど聞こえにくい音域がある人もいる。症状が片方の耳に難聴(一側性難聴)のある人も、両耳に難聴(両側性難聴)のある人もいる。
25dBの音が聞こえない場合を難聴と定義している。

<原因>
耳の構造は、「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分けられ、外耳と中耳は音を伝える役割、内耳は音を感じて脳に伝える役割をしている。
これらのどこか、もしくは脳に障害が起こると、難聴が起こるが、障害が起きる部位によって以下の3つに分類されている。

・伝音性難聴
外耳道から中耳道までに問題がある場合。

・感音性難聴
内耳から聴神経に問題がある場合。

・混合性難聴
伝音性・感音性どちらの性質もある場合
難聴をきたす疾患として多いものは、
突発性難聴、老人性難聴、メニエール病、騒音性難聴などが挙げられる。

<一般的治療法>
突発性難聴の場合、ステロイドホルモンの漸減療法を血漿増量剤の点滴と組み合わせて行います。ビタミン溶液、ATP製剤溶液なども同時に加えます。大体7~10日間、毎日点滴を施行し、自覚症状と聴力検査で評価します。
また、感音性の難聴の場合には人工内耳や補聴器が必要となる場合がある。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ