顔面神経麻痺

<背景・疫学>
病気やけがなどによって顔面神経に障害が生じ、表情筋を動かせなくなった状態。
明らかな原因が特定されないものはベル麻痺と呼ばれ、顔面神経麻痺の約70%がこのベル麻痺とされている。

近年ベル麻痺の発症には以下が関わっていると考えられている
・ウイルス感染・骨による神経の圧迫・寒さのため神経に届く血の流れの悪化
・ストレス・飲酒・疲労
また、外傷などで顔面神経が圧迫されることでも起こる。
統計的には人口10万人あたり年20-30人。男女問わず40歳代に最も多く見られる。

また、顔面神経麻痺は以下の2つに分けられる。

before

after

・末梢性顔面神経麻痺
麻痺している側のおでこのしわ寄せができない

・中枢性顔面神経麻痺
両側のおでこのしわ寄せが可能

<原因>
中枢性顔面神経麻痺→脳梗塞など。

末梢性顔面神経麻痺→顔面神経が脳から顔に伝わる経路で障害が起きたもの。
抹消性には帯状疱疹後神経痛や聴神経腫瘍、原因不明のベル麻痺が含まれる。

<診断>
中枢性か抹消性かは、額のしわ寄せが可能かどうかがまず大きな鑑別となる。
また、耳の発疹や発赤を調べることで、診断の助けとなる場合がある。

・血液検査
・画像検査(CT検査、MRI検査)

<一般的治療法>
顔面神経麻痺の明らかな原因がある場合には、その病気の治療を行われる。
原因が特定できない場合(ベル麻痺)には、以下のような治療が行われている。
・ステロイド薬の使用
・ビタミンB12の内服
発症してから早期の治療が重要だが、比較的経過は良好で、数か月で自然治癒することもある。外傷など顔面神経が圧迫されていることが原因の場合、顔面神経を圧迫する部位への手術療法が行われる。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ

たちかわ総合治療センター

メール予約

【365日年中無休】 9:00~
21:00 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

info@tatikawa-treatment.com

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階

PAGE TOP