高血圧症

<背景・疫学>
血圧が繰り返し正常よりも高い状態。最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHgである場合に診断される。
種類として、本態性高血圧症、二次性高血圧症に分類される。
本態性高血圧症
原因がわからないものをいい、高血圧症の90%がこれにあたる。遺伝的な因子、生活習慣などの環境因子が関与しており、生活習慣病の一つに挙げられている。
二次性高血圧症
体の中に血圧上昇の原因となるはっきりとした原因がある場合にはこれにあたる。腎動脈狭窄症、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫などのように外科手術により高血圧の治療が期待できるものも含まれる。

<原因>
本態性高血圧症について
生活習慣病の一つに数えられるため、以下のような習慣が原因で発症することが多い。
・過剰な塩分摂取
・肥満
・過剰飲酒
・自律神経の調節異常
・運動不足
・野菜や果物(ミネラルやビタミン不足)
・喫煙

<一般的治療法>
原因となるような生活習慣の改善が指導され、血圧が基準値よりも大幅に高い場合には降圧剤などの処方がされる。また、病院などの医療機関では血圧が下がるが、家庭では血圧が上がる仮面高血圧などもあるため、血圧をこまめに測定することが求められる。


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ