滑膜ヒダ障害(タナ障害)

膝の痛みでお困りの方へ。安心の国家資格者による施術で膝の痛みをしっかり改善致します。

「タナ」とは膝関節の内側(大腿骨と膝蓋骨の間)に存在する滑膜ヒダのことをいい、胎生期では全ての人にあり、生まれてから退化してなくなるものです。しかし、50~60%の方は生後も滑膜ヒダが存在すると言われています。そのため、スポーツをしない人でもタナ障害を引き起こすことがあります。
歩行やランニング、自転車運転時などに膝の少し内側に痛みやひっかかり感が生じます。指などで押しても痛みがあり、稀に膝の曲げ伸ばしに制限が出たり、膝が腫れたりする場合もあります。

原因

膝蓋骨内側にある内側滑膜ヒダが大きい場合など、スポーツや膝への外傷を原因として膝屈伸時に膝蓋骨(お皿の骨)と大腿骨の間に滑膜ヒダが挟まったり、こすれ、炎症を起こし痛みや引っ掛かり感を生じさせます。その他にも、屈曲伸展時にコリッ、ポキポキなどというクリック音が気になる場合もあります。

診断

診断には微量の造影剤を用いたX線関節造影やMRIが有効です。特に関節造影は比較的簡便である点と、滑膜ヒダの大きさや厚さを判断するうえで非常に有用です。検査にてタナが描出され、関節鏡でタナが膝屈曲伸展時に膝蓋骨と大腿骨に挟まっていることで確認できます。

一般的治療法

まずは保存的治療を試みます。
急性期で炎症がみられる場合には、アイシングなどの物理療法を行います。並行して、膝関節の柔軟性を高めるため、大腿前面の筋肉(大腿四頭筋)や後面(ハムストリングス)のストレッチも行います。
上記のような保存的治療で効果がみられない場合には、滑膜ヒダを切除する手術を行います。

メディカルジャパンにしか出来ない介入例

急性期のケア・治療以外にも、挟み込み軽減のためのアライメント修正などを行います。

弊社では、米国のノラクソン社によるマイオプレッシャーという歩行診断機を使用しています。約二万個のセンサーが可動するトレッドミルの上を歩行すると、自身の足圧、重心移動、左右荷重値が分かります。さらに二台のカメラを使用することにより、自身の歩行姿勢も目で確認できるため、感覚的な治療ではなく、測定データをもとに的確なアプローチが可能です。

その他、インソール処方による歩行の改善も行なっています。

治療経過や症状に不安がある場合、精密検査が必要な場合には、提携医療機関の紹介も行なっておりますので、お困りの方は一度ご相談ください。

参考文献

徳洲会グループ、病気の治療、整形外科の病気、膝棚障害

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ

たちかわ総合治療センター

メール予約

【365日年中無休】 9:00~21:00 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

予約変更専用ダイヤル
TEL:080-3758-6814

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

info@tatikawa-treatment.com

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階

PAGE TOP