股関節痛

股関節痛でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術で股関節痛をしっかり改善いたします。

股関節痛とは?

股関節は、骨盤と大腿骨を連結し球体のような関節の構造をしている為、前後左右様々な方向に動かす事が出来る自由度の高い関節です。表面は軟骨で覆われており、衝撃を吸収したり、関節が動くときの摩擦を減らしたりする事で、滑らかな動きが可能になります。軟骨は、耐久性があるものですが、年齢を重ねるにつれてすり減ったり、使いすぎ、使い方が良くない事で炎症を起こし、痛がを発生してしまう事があります。

代表的な症例

    膝の痛みを発症する代表的な症例として
  • ①変形性股関節症
  • ②大腿骨頭壊死
  • ③関節リウマチ
  • ④鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群) などがあります。

①変形性股関節症

股関節の軟骨が少しずつすり減ることによって、股関節の痛みや歩行障害が現れます立ち上がり動作や歩き始める際の痛みや、周辺の筋肉がこわばり、股関節の可動域が狭くなる事で日常生活動作にも支障が現れる事があります。

原因

股関節は大腿骨の骨頭と骨盤側で受け皿になるお椀型の寛骨臼が組み合わさって構成されています。
発育時に股関節の噛み合わせが悪かったり、加齢により関節軟骨がすり減ったりする事で股関節のスムーズな動作が障害を受けて変形が生じます

②大腿骨頭壊死

大腿骨は骨頭、頸部、転子部、転子下と部位が分かれます。このうち、骨頭部の血流が途絶えて壊死した状態になります。壊死した部分は、生きた骨の持つ修復能力がない為、壊死の範囲が大きかったり、部位が悪かったりすると、しばらくして形が潰れてしまい、強い痛みや歩行障害をきたします。

原因

大腿骨への血流が変化してしまう外傷、放射線治療、減圧症、多量長期間の飲酒、副腎皮質ステロイドの大量使用も原因とされます。

③関節リウマチ

免疫異常により、関節で炎症が起き、腫れや激しい痛みが生じ、軟骨や骨が破壊されます。その後、関節が変形し、関節 としての機能が失われる病気です。 初期は、手や足の指の関節が対称性に腫れ、朝のこわばりが起こるケースが多いです。

原因

免疫異常により、自分自身の細胞や身体を攻撃してしまい、関節内の炎症を引き起 こします。遺伝的要因や喫煙習慣な どとの関連が指摘されています。

④鼠径部痛症候群

明確な筋肉の損傷や骨の異常が無く、起き上がり動作や運動時にみられる鼠径部痛の総称になります。 股関節や骨盤、腰椎の可動性の低下、股関節周囲の筋力低下による不安定性、体幹と下肢の連動性の低下などにより負荷が集中し、痛みや機能障害が発症します。

原因

鼠径部に付着する腸腰筋、内転筋、薄筋、恥骨筋などのオーバーユースにより、筋肉が過緊張や癒着を起こし、患部に炎症が起きます

一般的治療法

①変形性股関節症

保存療法 ①理学療法②装具③薬物療法

観血的療法 ①骨盤骨切り術②人工関節置換術③内視鏡手術

②大腿骨頭壊死

保存療法 ①生活指導②理学療法③薬物療法観血的療法 ①骨切り術②人工関節置換術

③関節リウマチ

保存療法 ①理学療法②安静③薬物治療④食事療法

観血的療法 ①滑膜切除術②人工関節置換術③関節固定術

④鼠径部痛症候群

保存療法 ①理学療法②安静③薬物療法

観血的療法 ①伳切除術②骨片摘出術③血腫除去④固定術

メディカルジャパンにしかできない介入例

症例によっては、いわゆる手術による観血的療法と保存療法がありますが、 ここでは弊社で行う保存療法について述べることにします。

股関節痛の多くは、骨盤の歪み、身体の使いすぎ(オーバーユース) 使い方の間違い(ミスユース)により起こりやすくなります。弊社では、高度診断機器を使用し、姿勢の確認(モーションキャプチャー)、BOCAによる筋バランスの評価、歩行診断機、高精度自律神経診断機、高精度末梢血流診 断機(TAS9VIEW)による評価、エコーによる患部の炎症の有無の確認などを行います。これらを基に、患者さん一人ひとりの症状に合わせて治療計画を立て、生活環境、予防法など、あらゆる方向からサポートいたします。

予防法やリハビリテーション

①変形性股関節症

股関節痛の多くは、骨盤の歪み、身体の使いすぎ(オーバーユース) 使い方の間違い(ミスユース)により起こりやすく なります。弊社では、高度診断機器を使用し、姿勢の確認(モーションキャプチャー)、BOCAによる筋バランスの 評価、歩行診断機、高精度自律神経診断機、高精度末梢血流診 断機(TAS9VIEW)による評価、エコーによる患部の炎 症の有無の確認などを行います。これらを基に、患者さん一人ひとりの症状に合わせて治療計画を立て、生活環境、予防 法など、あらゆる方向からサポートいたします。

②大腿骨頭壊死

アルコールの過剰摂取は避けましょう。その他にも大量のステロイド使用歴などもリスクを高めるとされています。

③関節リウマチ

適度な運動による全身循環の改善を心がけましょう。食生活など規則正しい生活を送ることも大切です。喫煙や歯周病が 関与しているとも言われています。

④鼠径部痛症候群

股関節を構成する筋肉の柔軟性の低下、サッカーや股関節に負荷のかかるスポーツなどによるオーバーユースが原因とさ れます。骨盤矯正や歩行指導、フォームチェックなどにより、負荷を軽減させる必要があります。

来院された方の喜びの声

もともと形成不全があるため、特に寒い時期になると不調が出やすいのですが、都度こちらで見ていただく事により、冬の不調を感じる頻度が格段に減りました。治療的に見ていただくことが多いのですが、調子の良いときには、筋トレなども組み合わせて頂き、自分の筋力でカバーできるように、アドバイスいただいています。通い始めの頃は状態が良くなかったこともあり、週2で通っていましたが、今は調子の良いときには月2くらいのペースで良い状態をキープできています。こちら無しでは、不安になるくらい頼りっぱなしですが、これからも長いお付き合いをさせていただく事になりそうですので、今後ともよろしくお願いします!/p>


神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ

たちかわ総合治療センター

メール予約

【365日年中無休】 9:00~
21:00 (年中無休)

完全予約制 ( 当日予約可 )

TEL:042-519-3822

info@tatikawa-treatment.com

24時間体制の救急受付ダイヤル:【往診・来院】
TEL:090-9819-9173

東京都立川市曙町2-4-4 昭和ビル8階

PAGE TOP